「トイ・ストーリー・オブ・テラー」
category: アニメ・特撮
JUGEMテーマ:映画
 
TV 吹き替え ☆☆☆☆☆


「トイ・ストーリー3」のその後を描く短編。
モーテルに泊まった一行(もちろん、彼らはおもちゃだから泊まるのは人間だが)。一人、また一人と減っていき……。
一応、ちゃんとホラー仕立てになってるのが面白かった。てか三十分ぐらいの話でこんだけ楽しませてくれるのはさすが。もちろん、本編見てないと面白くないけど。
今回の主役はジェシー。彼女のトラウマや、ウッディが相変わらず高額で取引されているなど、ちゃんとツボを押さえているのがいい。
まあ、2の焼き直しっぽいが、短編なので問題なし!
重いテーマもないので、さくっと気軽に見れるぞ。
comments(0), trackbacks(0), -
「次元大介の墓標」〜これを待ってたんだよ!!〜
category: アニメ・特撮
JUGEMテーマ:映画 
映画館 ☆☆☆☆★

ネタバレあり。ご注意!!


正直言えば、あまり期待していなかった。
「峰不二子という女」があんまりにあんまりだったから。(好みは人それぞれだろうが、それにしたって銭形のあの扱いはないと思うのだ。せめてあれだけでも、と)
しかし次元主役だし、パンフレット欲しいし(上記の写真のやつ)、何より脚本が違う!! これはちょっと期待できるかも…。
初日の舞台挨拶に行きたかったが、生憎、仕事の予定をぶっこんだ翌日に発表があったので涙を飲み、予定通り次の休みの水曜日に行ってきたんだが、わたしゃここ何年も、平日の昼間にこんなに混んでる映画を見た覚えがねえよ。

そんなわけで、本編。
多分DVD前後編なんだろうが、OPもEDもそのまま流すなよ(苦笑) そこせめて、編集しない?
とか思ったり。
いやでも、極めて面白かったです!
これだよこれ、見たかったのは! こういう「ルパン三世」を見たかったの!!
絵柄は好みが別れるから仕方ないとして(動きがのったりしている気がしたが)、ルパンと次元がコンビとしてそこそこうまく機能してたり、軽口叩いたり、かと思うとがーっと責めたり、喧嘩したり、立ち入ったりしなかったり、信頼してたり、ルパンの頭脳はシャーロック並みに信頼出来たり。
もっとも、ラスト近くまでこの話の舞台はそのまま旧ルの頃かなと思ってたんだけど。なかなかに科学が発展しているようなので、どうなのかと。
敵がオールマイティな才能持ってるのもどうかと思ったけど、この短さでは仕方がないし、それ以上に面白かったからいい。
もう「峰不二子という女」はなかったことにして、これをパイロット版として、リスタートしてほしいぐらい。

クリカンは最近、芝居が上手くなったなーという気がする。「バーン・ノーティス」をやってからか?
もちろん、山田ルパンは至高の存在なのだけれど。彼を超えることは難しいし、それは望まないのだけれど。
それでも、クリカンルパンは、やっと、彼のルパンになったと思った。

でラスト。
そこに繋がる?
ってことは、「峰不二子という女」は、パラレルじゃない? でも旧ルと設定が。あれ?
いやつか、それなら銭形は妻子持ち設定!?
にほんブログ村 映画ブログへ ←気が向いたらポチッと
comments(0), trackbacks(0), -
「おおかみこどもの雨と雪」〜面白いことは面白かった〜
category: アニメ・特撮
JUGEMテーマ:映画
 
映画館 ☆☆☆☆★

天涯孤独の花は、大学でこっそり講義を受けている男と出会い、恋に落ちる。実は彼は狼男で、二人の間には雪と雨という子が生まれるが、直後に狼男は死んでしまう。
普通の子とは違う、“おおかみこども”を抱え、花の子育ては始まる……。


映画や本なんてものの感想は、その人の経験によって大きく変わる。薄っぺらな作品に大感動する人もいるし、どんないい話でも引っ掛かる人間はいる。
で、私はこの話に感動するポイントをどうしても見つけられなかった。
面白いことは面白い。普通に面白い。だから、けなすつもりは毛頭ないが、見終わった後、「ここがよかった!!」逆に「何だこれ! 変だろ!」という熱を持てない作品だったのだ。多分、私の経験不足故なんだろう。子育てした人は、もっと色々考えるんだろう。
しかし物語として見た場合、普通にそれなりに面白かったことは間違いない。
花がえらく勉強家でよかったなーとは、真っ先に思ったことだが。後は背景から人間が浮いてるなーと度々思ったことぐらい(雪の中、三人でがおーと吠えるとこはよかった)。
よく分からなかったのは、旦那の狼男は免許あるし、貯金もあったぐらいだから戸籍もあるんだよな、そうすると子供たちはちゃんと戸籍あるんだよな……という点。働く場所がなくて狼男は都会に出てきたようだから、妊娠の時点で田舎に引っ込むという選択肢は無理だったのかなーとか、そんなことを見ながら考えた。
生まれてくる子供が狼だったらと思えば(そしてその心配は、結局当たったわけだが)、もっと人のいない場所へ行かないか、という選択が二人の間にあってもよかったと思うんだな。まあ、両親揃っていれば大丈夫、と考えていたのかもしれないし、その後は子育てに追われてなかなかそこまで考えられなかったろうが。

花が狼男に惹かれたのは、互いに孤独だったからだろう。彼女の孤独っぷりたるや、「他人に頼らない。必要以上に関わらない」を田舎に越すまで貫き通している。
苛められて育ったということではなく、早く自立することが必要だった、そして父親が(母親いなさそうだし)「周囲に迷惑を掛けてはならない。一人で生きる術を身につけろ」とか何とか教えていたに違いないと思った。笑っていれば大抵のことは何とかなる、という父の教えは確かに間違いないが、本当に笑顔で通すってことは、そういう人間関係しかなかったからだろう。(しかし葬式に来た親戚も、そこは「不謹慎」ではなく「健気」と思うトコだろうに)
つまりは孤独だから惹かれ合った。そこで家族を作ろうと思ったのは、父親との関係が良好だったからに他ならない。何だか死んだお父さんと花の生活は、ほんわかしたものだったろうと、今そこを語りたくなる。

しかし狼男の死(本能って怖いね)に、生まれたばっかの雨を、それこそ雨の中連れて行くのは頂けない。周囲が傘を差し出すのが遅すぎるのがもっと頂けない。この人変だなーと思っても、傘ぐらいはとっとと貸してやれよ。そして雨の中、病気にならずに済んだのは狼男の血筋ゆえに違いない。

田舎に移り住んで何だかんだ溶け込んでいく様子はよかったが、花が小学校に上がってから、その辺の描写が薄くなったのがつまらない。
花と雨の学年が上がっていく描写は好きだけど。雨がもうちょい狼に移行していく描写も欲しかったなと。

「あなたに何もしてあげていない」
という言葉は、親ならではだろうし、それに反発するのは思春期の男の子ならではだろう。
雨は人間の年齢でいえば十歳。子供だし、どう考えたって親としちゃ心配するし手放したくないだろうし、それを怖いとは思わない。置いて行かれる親のことをあまり考えない雨は、早くに成熟したとも言えるし、ひょっとしたらまだガキなのかもしれない。そこんところは、後々の雨の感情の推移を見ていかねば分からない。

まあ取り敢えず、雨がいなくなったことであの村は大騒ぎになったろうなー、その辺はどうしたんだろうなーとそこが心配で心配で。最終的には神隠しあたりで落ち着いたかもしれないが、当然、捜索隊は出たろうし、花の保護者としての責任も問われたろうし、ニュースにもなったんじゃないかと。
また、雨は人間に対立しないのか、見つかって攻撃されたりしないのか、とか。動物側に立てば、いずれは人間を襲ったりもするかもだし。
その辺が気になって仕方がありませんでした。

そして「雨」の名前はちょっとなー……と思ったり。晴で「セイ」とか「ハル」ならいいけど、「雨」って名前はやだなー。自分なら。

にほんブログ村 映画ブログへ ←気が向いたらポチッと
comments(0), trackbacks(0), -
「おまえうまそうだな」〜安心の一本〜
category: アニメ・特撮
JUGEMテーマ:映画
 
TV ☆☆☆☆★


草食恐竜のマイアサウラに育てられたティラノサウルスのハートは、成長して後、仲間と群れることもなく一匹で生きていた。
ある時、食べるつもりの卵から孵ったアンキロサウルスの子供に「おまえ、うまそうだな」と言ったことからそれを名前と勘違いしたその子に父親と慕われ……。


草食恐竜が肉食恐竜を育てる、という話は割とよくある気がする。大分前にジャンプでもやっていた。
恐竜時代を舞台にした話は、いずれ滅びゆく種族ということで何だか憂鬱になるのだが、これは火山が噴火しても滅びる話ではないので一応安心して見ていられる。そこんとこはホッとした。
ウマソウとの出会いはCMでもじゃんじゃん流れたが、加藤清史郎くんの声と相俟ってかなりキュート。原田知世の母親はイマイチだったが(本職の声優にやってほしかった。ナレーションならいいけど……)、清史郎くんはマル。
つかもう、ウマソウは本当に可愛くてならんです。この可愛い子がいずれはどうなるんだろうと心配していたら、どうにもならなくて笑ったけど。
同じくCMでじゃんじゃん流れていた別れのシーン。クライマックスでなかったことに驚いたが、そこまでが前半と考えると、後半は普通、何年か時が流れているはずだと思うのだが、全然変わらん辺り、肩透かし。
この先、ハートとウマソウがどうなるのか、想像するのはちょっと楽しい。シリアスなら別れか滅びの道をひた走るのだろうが、この作品の場合、何だか上手くやっちゃう気がしないでもない。
年老いたハートと、ウマソウの家族がのんびり過ごしている図なんて、なかなかいいではないか?

子供と一緒に見てもいい、安心の一本。

にほんブログ村 映画ブログへ ←気が向いたらポチッと
comments(23), trackbacks(0), -
「劇場版 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段」〜ナニこのクオリティの高さ〜
category: アニメ・特撮
JUGEMテーマ:映画 
TV ☆☆☆☆☆

元々それほど好きでもない作品だ。まともに見たことはほとんどないし、登場人物についても、ほんっとーに基本的な知識しかない。
夏に実写版を見てなきゃ、多分、見ることはなかったろう。
でもまあ、どれどれと思って見始めたのだが。

――ナニこの質の高さ?
まず、絵がいい。映画だからなのか、元々のTVシリーズもそうなのか分からないが、絵のクオリティが高い。
シナリオもきちんとしている。あまりTVシリーズを見たことがなく、主人公とちょっとのキャラしか知らなくても(実写版は見たが)、話がちゃんと分かる。しかも、無理がない(ギャグだから、多少の無理は仕方がない)。
しかも実写版に比べて、乱太郎の役目が際立っている。あちらも彼の足の速さを目立たせていたが、こちらの比ではない。実写版は子供向けと言うこともあり、とってつけたような「いい話」感が漂っていたからだ。
まあ、あれはあれで面白かったけど。
しかも全員出動にも関わらず、その登場の仕方も無理がない。
この二点において、この映画は抜群にレベルが高いと言えるだろう。
全く、一切、TVシリーズも原作も見たことがないという人にはお勧めできないかもしれないが、見て損はないかもしれない。
すげーな、NHK。

にほんブログ村 映画ブログへ ←気が向いたらポチッと
comments(0), trackbacks(0), -
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」〜懐かしさに燃える〜
category: アニメ・特撮
JUGEMテーマ:映画

映画館 ☆☆☆★★

本編TVシリーズも終了した「ゴーカイジャー」。見たいとは思っても、金と時間に制限のある身としては、毎度戦隊やライダーは、ちょっと優先順位が下なのだが、「ギャバン」が出るとあっては、見ずばなるまい。
かつて、千葉真一見たさに借りまくった私としては!!
とゆーわけで、「ゴーカイジャーVS.ギャバン」である。
ちゃんと「VS」になっているところに好感。どっちも宇宙のヒーローだから(ゴーカイジャーは微妙だが)、世界観としてはマッチしているだろう。
しかし、仕方がないとはいえツッコミどころ満載である
ギャバンは結構出世したはずなのに、なーぜまた現場にいるのかとか(現場主義と言うより、なんか出世できなくていつまでも、という感じに見えた)、最初、ギャバン一人にコテンパンにされたはずが、ギャバンのコピーに勝てちゃうマーベラスとか、脱獄不可能な刑務所なのに案外あっさり外に出たり、つかナニ、あの古臭い刑務所とか。
その刑務所に過去の戦隊シリーズの悪役が集まっていたのはちょっと嬉しかった。惜しむらくは、「タイムレンジャー」の奴がいなかったことだな!(いいじゃないか、どうせパラレルな話なんだから!)
まあでもやっぱり一番テンションが上がったのは、変身シーンと、主題歌をBGMにした戦闘シーン。さすがは千葉真一直伝だけあって、派手ではあるが、そう無駄な動きではない「強さ」が見えて、なんかもう、ワクワクしてくるんである。曲が流れると、つい膝が動いちゃうし。
対するゴーカイジャーは、五人の戦闘と言うこともあり、目立たせるためとはいえ、いくらなんでも無駄すぎだろうというのもあり……
あ、でも、ワタクシ、「ゴーカイジャー」は結構好きです。特に衣装が(そこかいっ!)。

大葉さんの他の役が一堂に会すのは、その手のシーンが苦手な私にはちょっと痛々しいものがあったりもしたけど。
ま、とにかくファンは大興奮でした!!
来年こそ、宇宙刑事シリーズ、復活願います!!

にほんブログ村 映画ブログへ ←気が向いたらポチッと
comments(0), trackbacks(0), -
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」〜絵の美しさは最高!〜
category: アニメ・特撮
JUGEMテーマ:映画

TV ☆☆☆☆★


序は映画館で見たが、間隔が空きすぎたり、なんかわけ分からん新キャラが出たと聞いて、映画館には行く気をなくしていた作品。おまけにアスカの苗字違うし、わけ分かんねーよ! と思っていた。
ま、もともと熱心なファンでもないし、こだわることはないんだけどさ。(アニメはどんどん暗くなっていくし、漫画はなかなか終わらないしでお手上げ)
そんなわけでテレビ版「破」。劇場用とどう違うのかはよく分からん。
しかし、新キャラの意味がちょっと分かった。あー、あの役割をアスカに振ったわけね。それでもう一人必要になったと。でも、アスカの名前まで変えなくてもよかったんじゃね? 性格は変わっているけど、それはシンジも同様で。
逃げ出すところは前のTVシリーズと同じだが、基本的にシンジは前向きでいい子で頼りがいもそこそこあると思う。クラスメイトともレイともアスカとも、そこそこうまくやっている。前のは見ていて辛かったもんなー。
そんなわけで今のシンジは安心して見ていられる。ぶっちゃけ、三作で終わらせるなら、あんまり根暗で悶々とした性格は困るので、いい改変だろう。
なんかレイともいい感じだし。
しかし、物語的にはなんかちっとも進んでいない気がする。シンジの成長だけを描いたような。
絵は素晴らしく美しいので(泣けてくるわ!)、三作目を早いところやってほしいもんである。
……って、感想それだけか自分!?


にほんブログ村 映画ブログへ ←気が向いたらポチッと
comments(0), trackbacks(0), -
「鋼の錬金術師〜嘆きの丘の聖なる星〜」〜番外編冒険活劇〜
category: アニメ・特撮
JUGEMテーマ:映画
 
映画館 ☆☆☆☆★


刑務所から脱獄した男メルビン・ボイジャー。彼の変わった錬金術に興味を抱いたエルリック兄弟は、メルビンが向かったと思われる、クレタとの国境にある街、テーブルシティへ赴く。
テーブルシティとクレタの合間には、深い渓谷があり、そこがミロス人の土地であった。ミロス人と関わったエルリック兄弟は、彼らの間に伝わる伝承が「賢者の石」であることを知り、それを止めようと……。


以下ネタバレ注意。


原作11巻、ホムンクルスやらスカーやら誘き出すために街で親切しまくっていたエド。その頃の物語である。なので、マスタング大佐の部下のほとんどが出てこないが、そのマスタングですら活躍してないってどういうことかと。
納得いきませんわよ、奥様!!
一応、ラストバトルでは戦っているらしいが、その辺がすっぱりカットされている。尺の問題かもしれんが、やっぱり納得いかん!! アームストロング少佐も顔見せだしな!
しかし、番外編としてはまあまあいい出来である。
彼らは長い旅をしているのだから、そういう話はいくらあってもいいだろう。現にCDドラマやゲームは、多分そういう扱いなのだし。つか、ヒューズが生きている頃の話とかあってもよくね??
アルがヒロイン・ジュリアを助けるシーンを見て「カリ城」っぽいなーと思っていたら、やっぱり全体的に「カリ城」を意識していたらしい。「日常(本編)」から、「非日常(劇場)」へ、そして「日常(本編)」へという作りのことらしいが、まあ多分、アクションもちょっとは意識したはずだ。
絵としては、エドの髪が大雑把。シャープな線が、丸くなっている。目がやたら印象的だと思ったら、それも狙いだったらしく、その辺についてはちゃんと伝わってます。
アクションシーンもよし。元々よく人が死ぬ話ではあるけど、これもまあ、よく死ぬ死ぬ。
謎解きに関しては、メルビンの正体(正真正銘何者かはともかく)はある程度察しがついたし、クレタの黒幕についても、まあ何とか。
で、肝心の聖なる丘についての謎解きである。さっさか解いてしまったエドはまあ天才であるからしょうがないにしても、これまで他の人間が全然分かってないってどうよと。いやまあ、肝心要のところはエドにも分からないんだろうけど、天才だからって一目でそこまでいっちゃうエドは頭よすぎ。あっさりしすぎ。一瞬、おいおいと引っ掛かってしまうが、そこは勢いで流されてしまう。
小さな引っ掛かりはいくつかあるが、全て勢いで終わらせてしまうのは、いい。
だからまあ、番外編としては結構いいと思われる。ゲームや小説と同じく、素直に楽しむのがいい。
エンディングの延々続く汽車はしょぼかったけど!
二年にいっぺんぐらい、作ってくれんかな、これ。


にほんブログ村 映画ブログへ ←気が向いたらポチッと
comments(0), trackbacks(0), -
「トイ・ストーリー」〜この映画を見るとおもちゃを捨てられなくなる〜
category: アニメ・特撮
評価:
---
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥ 1,330
(2010-05-21)

JUGEMテーマ:映画
 
TV 吹き替え ☆☆☆☆★


あのおもちゃたちの物語第一弾。
結局3は見なかったが、買ってもいいよなあと思わせるこの1と2の出来具合、そして評判。
おそらく一貫したテーマが3で完全に完結するのだろうが、取り敢えずはこの第一作目について。

多くの人がそうであるように、私もおもちゃを使って想像の世界で遊んだことがある。正直言うと、くまのぬいぐるみの腹を割いてまた縫い直すという、何だかシドに近い遊びもしていたほどだ。くまさん、御免なさい。
そのくまも多分、引越しで捨ててしまった。……いやもうまじで御免なさい。
あまり人形の類はなかったので、ウッディやバズみたいに喋りまくったとは思えないが、ラジコンとぬいぐるみと銃のおもちゃはあったんで、その辺でなんか話してたのかなあ。あ、バルキリーがあったな! あれ、どうしたんだろう? 捨てた覚えはないので、引越しで行方不明になったのかもしれない。
そのおもちゃたちが動いて話すというのはよくあるネタだが、そこにリアルな人間と同じような感情を持ち込み、友情を与え、ついでに教育的価値もくっついているのは非常に素晴らしい。
って、ここでそんなこと言うまでもないだろうが、ヤキモチとかね、子供も大人もあるからね。
まあ、あれだ。
取り敢えずこの映画を見ちゃうと、おいそれとおもちゃを乱暴に扱ったり捨てたりは出来なくなる、という話だ。
CGに関しては、人間部分はちょいとショボイ。おもちゃたちは元が元だけに、違和感はない。それどころか、表情だけで感情移入できる。バズが自分の正体を知ったところなんで、逸品だ。
人間のCGだけ−1で、後は完璧。
子供だけでなく大人も見れる映画だ。
面白かったっす。素直に。





にほんブログ村 映画ブログへ ←気が向いたらポチッと
comments(0), trackbacks(0), -
「パプリカ」〜人生の始まりは筒井康隆〜
category: アニメ・特撮
評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 3,720
(2007-05-23)

JUGEMテーマ:映画 

TV ☆☆☆☆☆


パプリカ――それは夢の世界に入り込み、人の心を癒すセラピスト。
正体は精神医学研究所に勤める千葉敦子。彼女は研究者の時田が開発したDCミニを使い、パプリカという顔で人の夢に現れるのだ。
刑事の粉川の治療を終えた日、敦子は時田から、残りのDCミニが盗まれたと知らされる。すぐさま所長の島に連絡し、対策を取ろうとするが、島は何者かがDCミニを悪用したことにより、起きながら悪夢に取り込まれてしまう。
盗んだ犯人は、同じ研究所の氷室と判明するが、敦子もあやうく夢に取り込まれかかる。
島をどうにか現実世界に戻し、氷室が自殺したことで事件は終わったかに見えたが……。


私の人生の始まりは、筒井康隆であったと言っても過言ではない。と思う。
子供の頃――それも小学校に上がる前、五つか六つの頃、私はよく寝る前にお話をせがんだ。同じ話でも構わなかったのだが、あまりに毎晩であったためネタ切れしたのだろう、私の兄は今まで聞いたことがない話をしてくれた。
五つか六つの子供に筒井康隆ってどういう神経かと。
案の定、「ハイ終わり」と言われても怖くて怖くて仕方がなく、その話は私の脳裏に付きまとい続けた。大人になってその話を本棚で見つけたとき「これだったのか!」と、仇敵を見つけたような懐かしさを覚えたものである。
てゆーか、トラウマになったと思う。
そんなわけで、大人になって再会して以来、度々読んでいるのだが、まあ大ファンというわけではない。でも、うちにあった本は全部読んだ。やっぱり怖かったし、釈然としない話も多かった。
原作の「パプリカ」は映画化された頃に読んだ。もっとも、「古谷徹がデブの声をやる」とは知っていたが、それと結びつけたわけでなく、図書館で「筒井康隆」の文字と変わったタイトルだな、と思って手に取っただけのことだ。
原作の前半はごくまともで、「筒井康隆の割には」と思った。ちょっと「時かけ」っぽく、ああこういう路線に戻ったんだなと安心したのだが、後半になると支離滅裂で「やっぱり筒井康隆だわ……」と思ったのも覚えている。
ぶっちゃけ、内容はあんまり覚えていないのです。滅茶苦茶なセリフの印象ばかりが頭に残っていて。
うろ覚えだが「午後七時半に通りかかったときわしが不在着信だったらば、お前はラーメンの汁と消えていたであろう」
この破綻したようなセリフは、確かに夢っぽいよなあとは思う。筋が通っているようで通っていない。セリフの最初と最後で言ってることが違うような、でも何となく通っているような。夢自体に言えることで、そこはさすがに筒井康隆、と耳で聞いて初めて納得した。
さすがに字で追ったときは、「筒井康隆、遂に狂ったか?」と本気で心配したのだが。
そんなわけで、原作の無茶苦茶というかわけの分からなさ(特に後半)はキレイに、映画全体がいい意味でまとまっている。
とりわけ敦子と時田が最後にハッピーエンドになったのは清々しい。……いや原作もそうだったかもしれないが、裏切りとかぐちゃぐちゃで大変なことになりまくっているのがさー。
それに粉川の扱いもいい。彼にとってのトラウマ的なものが最後に排除され、友達の幻にも慰められ、映画館に入るラストなど、抜群ではないか。いっそ爽やかですらある。筒井康隆原作なのに!
……あ、「時かけ」は爽やかですな。(そういえば原作は中学のときに読んだ)

パレードは悪夢の象徴として描かれている。派手で無茶苦茶で、うん、夢だよなあと思う。アニメだからこその表現だが、ちょっとばかし「イノセンス」を思い出したのは、大塚明夫が出ていたからだろうか?

それにしても声優陣の豪華さにはびっくりだ。
大塚明夫、山寺宏一の二人はつい先日「新・刑事コロンボ 殺人講義」を見たばかりだったので、妙におかしかった。
さて、その内にまた原作を再読してみようか。――それとも、ラストだけ確認しようか。





にほんブログ村 映画ブログへ ←気が向いたらポチッと
comments(0), trackbacks(0), -
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.
  • 「ジュブナイル」
    nanashi (07/02)
  • 「おじいさんと草原の小学校」〜学校へ行こう!〜
    e-1 (08/08)
  • 「おじいさんと草原の小学校」〜学校へ行こう!〜
    ETCマンツーマン英会話 (08/05)
  • 「超高速!参勤交代」〜惜しい!後ちょっとで傑作だった!〜
    e-1 (07/11)
  • 「超高速!参勤交代」〜惜しい!後ちょっとで傑作だった!〜
    レゴン (07/10)
  • 「超高速!参勤交代」〜惜しい!後ちょっとで傑作だった!〜
    レゴン (07/10)
  • 「おまえうまそうだな」〜安心の一本〜
    レゴン (07/10)
  • 「おまえうまそうだな」〜安心の一本〜
    ちゃい (01/25)
  • 「おまえうまそうだな」〜安心の一本〜
    e-1 (01/04)
  • 「おまえうまそうだな」〜安心の一本〜
    句空 (01/02)
Trackback.

Profile
Calendar
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommend
Recommend
コンバット!DVD-BOX1
コンバット!DVD-BOX1 (JUGEMレビュー »)

遂にキタアアァァ! これだけは、これだけは買わねば!!
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ルパン三世「PLAY THE LUPIN
ルパン三世「PLAY THE LUPIN (JUGEMレビュー »)

まだ見てないけどね。ハッハッハ
Recommend
懐かしの外国ドラマ音楽集
懐かしの外国ドラマ音楽集 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌
懐かしいTVドラマの数々! 実はあんまり見てないけど(笑) コロンボ、ローハイド、大草原の小さな家等々。もちろん私はコンバット!で燃え上がった! ただ残念なことにオリジナルではなくオーケストラ。それでもかなりカッチョイイ。
Recommend
あぶない刑事20年SCRAPBOOK
あぶない刑事20年SCRAPBOOK (JUGEMレビュー »)

ファンなら絶対買うべき一冊。恭兵さんの「勇次はタカを喜ばせたくて色々やっている」の下りには、仰け反りました。これが萌えか! 萌えというものか!
Recommend
あぶない刑事 ― ザ・ミュージック・オリジナル・サウンドトラック・コンプリートBOX
あぶない刑事 ― ザ・ミュージック・オリジナル・サウンドトラック・コンプリートBOX (JUGEMレビュー »)
LINDA HENNRICK, J・CARLOS, 門間裕, 吉松隆, 小林信吾, 志熊研三, 船山基紀, 鎌田英子, 小山水城, 柴田恭兵
ファンなら持っとけ、な品。私は一応全てのサントラを持ってるが、ほとんど義務感で買った。ちなみにシリアルNo.は008557。以前に発売されたサントラの方が味があるかもしれないが、こちらにはデータブックもついている。今更なデータだけどね。
Recommend
あぶない刑事 YUJI THE BEST
あぶない刑事 YUJI THE BEST (JUGEMレビュー »)
柴田恭兵, 吉松隆, 門間裕, CHIAKI FUJITA, 志熊研三, さがらよしあき, 松本健, 森永博志
「あぶ刑事」で恭兵さんが歌った挿入歌の全集。もっと早く出して欲しかった一品。
ブクログ
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search